南森町の女性専用鍼灸院【藍采和-ransaiwa-】スクレラ分析に基づいた鍼灸治療で頭痛、肩こり、腰痛、婦人科系疾患、更年期症状、育毛、薄毛の悩みを完全個室で女性施術者が丁寧にカウンセリングし、治療いたします。


営業時間:【月火木金】10:30~18:30 【水】15:00~18:30 【土】10:30~13:30
【日】15:00~17:00 【祝日】ご希望により診療しております。ご相談ください。
 

2022年3月20日

 

<サラダ油の危険性>

骨の主な成分はコラーゲン繊維とリン酸カルシウムです

骨を作るためには、骨芽細胞が「骨を作れ」というメッセージを出さなければ作られません

そのメッセージ物質が〝オステオカルシン〟というホルモンです

 

 

オステオカルシンが活性化するためには、ビタミンK2が必要です

揚げ物や加工食品に使われているサラダ油、キャノーラ油、植物性油脂に多く含まれるビタミンKですが

水素添加されており、ジヒドロ型ビタミンK1になってしまっています

実は、このジヒドロ型ビタミンK1は偽物のビタミンKとして

ビタミンK2の吸収の邪魔をするのです

その結果、オステオカルシンが活性化出来ず

「骨を作れ」というメッセージが出ない訳です

 

 

ファストフードやスーパーのお総菜を買って食べることが多い食生活を続けていれば

若年のうちから骨がスカスカになります

酷い咳をしたら肋骨にヒビが入ったという40代の男性もいました

 

またスタチン系のコレステロール薬を長期間服用している場合も

ビタミンK3→K2への変換を阻害しますので

オステオカルシンが活性化しなくなっていきます

ビタミンKは脂溶性なので、吸収させるには胆汁が必要です

胆汁は肝臓でコレステロールを原材料にして作られますので

スタチン剤が肝臓でのコレステロールの産生を抑制することもリスクとなるでしょう

 

良質なビタミンK2を含む食品は納豆がダントツです

納豆が苦手な場合は、乾燥わかめ、海苔、玉露茶、抹茶、

小松菜、ブロッコリー、シソの葉などに含まれています

 

健康維持の基本的な順番は

良いものを摂る前に、まず悪いものを止めるのが先ですが

完全に排除するのは難しい時代です

「食べちゃった」ときにも対処方法があります

 

メディアが煽る偏った情報ではなく

客観性のある正しい情報で体を守れるヘルスキーパーを増やすことを目指しています♥

 

 

 

2022年3月20日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です